Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  腕の五角形とは

スポンサードリンク

腕の五角形とは

「どうしてもショートアプローチでのゴルフスイングがうまくいかない」と言うほとんどの人は、余計な力が入った構えになっているようです。
力が入った構えを引き起こす要因として「左手の被せすぎ」ということが挙げられます。
グリップを握る時に、左手を被せすぎてしまうと、左腕が一直線に伸びてしまいます。
それに伴って、右腕も伸びてしまい、腕と肩が三角形を形作って柔軟性に乏しい構えが出来上がってしまいます。
飛距離を稼ぐために使うドライバーのようなクラブの場合には、力のこもった構えというものが欠かせませんけれども、ショートアプローチにおいては不要であるといえます。
パターを使う時と同じで、力が入った構えは良くないのです。
柔軟性のある構えをするためには、左手でグリップを軽く握り、肩と肘と手首で五角形を作り上げて、クラブをぶらさげるように持ちます。
そうすれば、パターの時と変わらないイメージでまっすぐなストロークが望めるのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 「シャンク」や「ダフリ」を少なくするには  |  トップページ  |  次の記事 「腕五角形」と5番アイアン、7番アイアンの応用法  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。