Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  「シャンク」や「ダフリ」を少なくするには

スポンサードリンク

「シャンク」や「ダフリ」を少なくするには

ボールをまっすぐ転がすには、パターが最も適していることはよくご存知でしょう。
しかしながら、グリーンエッジからボールまで数ヤードあるような時には、5番アイアンや7番アイアンをパター代わりに使用しても構いません。
ここで忘れてはならないことは、パターの時と同じグリップの握り方をすることです。
左手とフェース面を一体のものとすることで手首が回ってしまうことを防止できますから、左手首もフェース面と同様に目標に対してスクエアになるように構えましょう。
そうすれば、パターと変わらないまっすぐな軌道で、クラブヘッドを動かせることができます。
パターと同じように打てば、アプローチは簡単であると言われますが、「シャンク」や「ダフリ」で困っている人も少なくないようです。「シャンク」や「ダフリ」で困っている・・・そんな人は、グリップをチェックすることをお勧めします。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ボールを転がすだけのゴルフスイング  |  トップページ  |  次の記事 腕の五角形とは  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。