Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  ボールを転がすだけのゴルフスイング

スポンサードリンク

ボールを転がすだけのゴルフスイング

                                  
グリーン周辺からのショートアプローチについてお話ししましょう。
グリーン周辺からのショートアプローチについて、重要なことは「ボールを転がす」ことです。
しかし「ボールを転がす」だけのゴルフスイングが結構難しいのです。
「トップ」や「ザックリ」といった現象が起こり、思うようにボールがピンに寄っていきません。
こういったゴルフスイングを解消するためには・・・初めに、グリップをチェックしてみましょう。
10ヤードから20ヤードの距離を飛ばそうとする時に、250ヤードを狙うドライバーのような握り方ではどうしようもありません。
ショートアプローチの場合に、ドライバーと同様に左手を被せて握ると「トップ」や「ザックリ」が、起こるだけんなのです。
ショートアプローチにおいては、両手を体の前で合わせる形でクラブを短く持つようにして、手の甲を目標に向けてグリップを握ることがベストであるといえます。


スポンサードリンク

 <  前の記事 4番のアイアンが苦手な場合は  |  トップページ  |  次の記事 「シャンク」や「ダフリ」を少なくするには  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。