Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  4番のアイアンが苦手な場合は

スポンサードリンク

4番のアイアンが苦手な場合は

5番のアイアンは得意だけど、4番のアイアンは苦手・・・という人は右足のかかとに注意が必要です。
スライスしたりボールが上がらないといった失敗を減らすには、右足のかかとを地面につけたままでスイングを行うことです。
さらに、クラブの軌道にもボールが上がらない要因があるようです。
ダウンスイングする時に、クラブヘッドが飛球線の外側から内側に向かって入るスイング軌道であれば、インパクトの瞬間にフェースが被るので、ボールが上がることはありません。
ミドルアイアンくらいまでは、アウトサイドインの軌道でもボールは上がりますが、4番以上のロングアイアンでは、ゴルフスイングの軌道がボールの放物線にしっかり影響が出てしまうのです。
ロフト角が小さいロングアイアンの場合は、インサイドアウトの軌道を意識しましょう。
インサイドアウトの軌道・・・この軌道であれば、ロフト角以上にボールが放物線を描くでしょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 インサイドアウト  |  トップページ  |  次の記事 ボールを転がすだけのゴルフスイング  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。