Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  インサイドアウト

スポンサードリンク

インサイドアウト

5番アイアンの場合は緊張せず力の抜けた状態でアドレスできるものの、4番アイアンになると余計な力が入ったアドレスをしてしまう・・・こういう人は、スイングでも同様に無駄な力の入ったゴルフスイングをしているようです。
右手と右肩、右ひざの動きが早くなってしまう力んだゴルフスイングでは、ロングアイアンを打ちこなすことはできません。
体の右側の動きを解消するために肝心なことは、体の右側に体重をかけておくことです。
気をつけることは、インパクトの瞬間に右足を浮かせないことなのです。
右足のかかとをダウンスイングからインパクト、フォローにいたるまでの間、地面から離さないようにクラブを振りましょう。
5番アイアンは使いこなせるけれど、4番アイアンは苦手であるという人は右足のかかとに注意してください。
右足のかかとを地面につけたままスイングすることができれば、スライスしたりボールが上がらない失敗が減ってくるでしょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 肩のラインも重要である  |  トップページ  |  次の記事 4番のアイアンが苦手な場合は  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。