Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  肩のラインも重要である

スポンサードリンク

肩のラインも重要である

力んだアドレスの体勢では、たくさんの人が体の重心を右足にかけているようなのです。
右足に体重をかけた体勢では、地面と両肩のラインが平行にはならないのです。
4番アイアンをうまく使いこなせない人は、鏡を使って「肩のライン」をチェックすることをお勧めします。
左足下がりの足場や意図して低いボールを打ちたい時には、右肩上がりのアドレスで構えます。
通常の状態で、右肩上がりのアドレスで構えれば、ボールが上がらないのは当たり前のことと言えます。
ロフト角の少ない4番アイアンでは、体の重心を右側にかけ、両肩のラインを少し左上がりにした方がいいでしょう。
大事なのは、高いボールを打つことに神経を集中させることです。
右手で「ボールを打ち込む」ということではなく、「ボールを払いのける」という感覚を持つこともいいでしょう。
こうした感覚がつかめれば、ロングアイアンに欠かせないゴルフスイングがマスターできるはずです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 4番アイアンを克服する  |  トップページ  |  次の記事 インサイドアウト  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。