Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  インパクトの瞬間に

スポンサードリンク

インパクトの瞬間に

下半身を不動にして、上体をひねるイメージでボールを上体と腕の振りを利用して打つということが肝心であるといえます。
飛ばしすぎが気になって、インパクトの瞬間に力を緩めるような人は、正確なアドレスの体勢をとって下半身を不動にするゴルフスイングを習得していれば、怖がることはありません。
ボールの位置が右に入りすぎていたり、下半身を動かしている人は、飛ばしすぎることが多いようです。
鏡を使って、確認してみましょう。インパクトの瞬間には、クラブのヘッドをボールの手前に落とさなければなりません。
この時「ボールの何センチ手前に落とせばいいのだろう」とあまり神経質になっていると、なかなか上達しません。
ここでお勧めしたい対処方法は、ゴルフボールをソフトボールだと思うことです。
ソフトボールを打つような気持ちでやれば、かなり気楽にダウンスイングができるでしょう。
是非、お試しを・・・


スポンサードリンク

 <  前の記事 ゴルフボールはソフトボール  |  トップページ  |  次の記事 4番アイアンを克服する  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。