Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  ゴルフボールはソフトボール

スポンサードリンク

ゴルフボールはソフトボール

「下半身を出来る限り使わないことが重要である」とは、バンカーでゴルフスイングをする時によく言われる言葉です。
テークバックを行う時にうのは、体の重心を右足にかけすぎた時なのです。
体が右の方へ流されてしまった・・・こうなると、インパクトの瞬間にボールの手前にクラブのヘッドが潜ってしまって、「ザックリ」という結果を招いてしまうのです。
バンカーでゴルフスイングする時には、左ひざを踏ん張って左足で体の重心を支えるように心がるといいでしょう。
「ザックリ」といった状態を招いてしまうことが多い人は、「ハンドファーストのままインパクトを迎える」という感覚が必要です。
また、遠くまで砂を飛ばせるように、終わりまで力を抜かないようにして下さい。
下半身を不動にして、上体をひねるイメージでボールを上体と腕の振りを利用して打つということが肝心であるといえます。


スポンサードリンク

 <  前の記事 肩のラインを斜面に対して平行にして立つことは大切  |  トップページ  |  次の記事 インパクトの瞬間に  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。