Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  チャーシューメン

スポンサードリンク

チャーシューメン

ゴルフスイングには、腕の手の力はそれほど重要であるとは考えられていません。
ゴルフスイングでは、上体を一つのものとして回転させる「ひねりの力」が重要なのです。
「ひねりの力」をうまく活用するには、テンポが良くて、なめらかにかつ一定のスピードで体を回転させなければならないのです。
一定のスピードで回転が行われないと、テークバックの時に体が早く回転してしまったり、ダウンスイングの時に体が早く回転してしまったりということが起こってしまうのです。
一定のテンポを保つために、以前、「チャーシューメン」と頭の中で言いながら、ゴルフスイングの練習がされていたそうです。
一定の店舗を保ちたい・・・そう思っている人も少なくないと思います。
「チャーシューメン」と頭の中で言いながらゴルフスイングの練習をする・・・一度、試してみる価値はありそうですね。


スポンサードリンク

 <  前の記事 上手な「調子」の作り方  |  トップページ  |  次の記事 右腰のスウェイ  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。