Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  上手な「調子」の作り方

スポンサードリンク

上手な「調子」の作り方

テークバックを始める時に、ゴルフスイングでのうまい「調子」作りの重要なポイントがあります。
最初に上体の緊張を解くことが、ゴルフスイングを始める前には肝心なのです。
両肩と両肘の力を抜いて、そしてクラブヘッドを動かし始める時には、両腕と肩で三角形を作るという感覚を持つようにしましょう。
それから、クラブヘッドのソールが地面をなめらかに滑るよう意識して、クラブヘッドを低く引いていきましょう。
この際、腕や手に力が入りすぎると「調子」が狂うことになってしまいます。
ですから、テークバックは腕や手の動きに神経を集中させるのではなく、腰や肩などを中心とした上半身の動きに注意を払わなければいけません。
腰や肩を動かす時、上半身を自然でなめらかに動かすためには、頭の位置を固定しようとしてはいけません。
頭も、上半身が回転する流れに合わせて無理なく回転させた方が良いのです。
腕や手の力というのは、ゴルフスイングにそれほど必要ではありません。


スポンサードリンク

 <  前の記事 基礎は大事  |  トップページ  |  次の記事 チャーシューメン  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。