Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  ゴルフスイングの調子も大切

スポンサードリンク

ゴルフスイングの調子も大切

「不得手なクラブ」というものが、たくさんのゴルファーに見受けられます。
スプーン(3番ウッド)はうまく使えるけれど、ドライバー、ロングアイアンを打つことが苦手という人は少なくありません。
なぜ、そのようなことが起こるのか・・・このことについて考えてみましょう。
要因の一つとして、ゴルフクラブによって、スイングの「調子」が狂わされてしまうということが挙げられます。
ドライバーはうまく使いこなせないけれど、スプーンには自信があるという人であれば、スプーンでゴルフスイングの「調子」を身に付ければ良いと思われます。
スプーンによって、ドライバーやロングアイアンに欠かせない「調子」を見つけ出して、自分のものにするのです。
「調子」を、うまく作り上げるためには、基礎がしっかりできていなければなりません。
初めに、クラブの握り方を確かめて下さい。
グリップを握る時には、余計な力が入り過ぎないように右手はかぶせることなく、横から添えるような形になっているかどうかを確認しましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 頭の回転を確かめるには  |  トップページ  |  次の記事 基礎は大事  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。