Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  「腕五角形」と5番アイアン、7番アイアンの応用法

スポンサードリンク

「腕五角形」と5番アイアン、7番アイアンの応用法

パターの時と変わらないイメージでまっすぐなストロークを望むには、力の入った構えは良くないといえます。
左手でグリップを軽く握り、肩・肘・手首で五角形を作り上げます。
そして、クラブをぶら下げるようにもつと柔軟性のある構えになります。
パターのイメージで左手を浅くしてグリップを握れば、左わきのあたりに余裕が出てくるので、クラブをぶらさげるように構えることが可能になるのです。
クラブをぶらさげるように握ることによって「腕五角形」が仕上がるのです。
「腕五角形」ができれば、パターと同様なアドレスができるのです。
左手の浅いグリップの握り方と「腕五角形」の構え・・・この感覚を習得できれば、5番アイアン、7番アイアンに応用してみましょう。
5番アイアン、7番アイアンでロングパットをするイメージで、アプローチするのです。
きっと「トップ」や「ザックリ」といった失敗が軽減されるはずです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 腕の五角形とは  |  トップページ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。