Top >  ゴルフスイング知っ得情報 >  4番アイアンを克服する

スポンサードリンク

4番アイアンを克服する

たくさんのゴルフのビギナーは、5番アイアンか7番アイアンが好きなアイアンなのだそうです。
それは、5番か7番アイアンを使って、ゴルフスイングを習得するためのトレーニングをすることが多いからでしょう。
しかしながら、ゴルフスイングをかなり難しく感じさせるのは4番アイアンなのだそうです。
4番と5番アイアンの違いは、シャフトの長さが0.5インチ、シャフトのロフト角が3度です。
この違いというのは、5番と6番アイアンの場合にもあるのです。
どうして4番アイアンになった途端に、難しくなるのかについて考えてみましょう。
4番以上のロングアイアンで失敗する要因には、精神面がかなり大きな影響をしているようです。
番手以上に体に力が入ってしまうので「スライスしたり、ボールが上がらなくなる」といったことが起こってしまいます。
力んだアドレスの体勢では、たくさんの人が体の重心を右足にかけているようなのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 インパクトの瞬間に  |  トップページ  |  次の記事 肩のラインも重要である  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。