スポンサードリンク

ゴルフスイング理論で飛距離アップ!

ゴルフスイングは理論通り正しくスクエアに行えば誰でも簡単に飛距離がアップします。こっそりとゴルフスイングの改造に取り組んでゴルフ仲間を驚かせちゃいましょう!

スポンサードリンク

« 2008年06月 | Top

【新着情報】

パターの時と変わらないイメージでまっすぐなストロークを望むには、力の入った構えは...

「どうしてもショートアプローチでのゴルフスイングがうまくいかない」と言うほとんど...

ボールをまっすぐ転がすには、パターが最も適していることはよくご存知でしょう。 し...

                                   グリーン周...

5番のアイアンは得意だけど、4番のアイアンは苦手・・・という人は右足のかかとに注...

5番アイアンの場合は緊張せず力の抜けた状態でアドレスできるものの、4番アイアンに...

力んだアドレスの体勢では、たくさんの人が体の重心を右足にかけているようなのです。...

たくさんのゴルフのビギナーは、5番アイアンか7番アイアンが好きなアイアンなのだそ...

下半身を不動にして、上体をひねるイメージでボールを上体と腕の振りを利用して打つと...

「下半身を出来る限り使わないことが重要である」とは、バンカーでゴルフスイングをす...

目標に対してスクエアに構えるスタンスをとるのですが、左足上がりの足場ではテークバ...

ゴルフスイングの中でもバンカーにおいては、フェースを開いてアウトサイドインのカッ...

ソールから打ち込めば砂の中を滑って思い通りの角度でボールを飛ばすことができます。...

「直接ボールを打つということではなく、砂を打つ」というイメージを持つことは、バン...

ティーアップを低くするために、クラブの握りを短くしスタンスの幅を狭めます。 スタ...

アゲインストの強風が吹いている状況でドライバーを打つ場合、高すぎるボールを打って...

高さを変えなければ、バックスイングする時に頭が動いても支障はきたさないようです。...

テークバックからトップにかけて上体を回転させることによって高さがずれにくくなりま...

「ダフリ」や「トップ」の要因になってしまうのは、スイングの過程で頭の位置がずれて...

  ショートアイアンで的確にグリーンを手中に収められるようであれば、ミドルアイア...

いつもショートしてしまう人なら、1メートルのショットを1メートルオーバーさせるト...

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo