スポンサードリンク

ゴルフスイング理論で飛距離アップ!

ゴルフスイングは理論通り正しくスクエアに行えば誰でも簡単に飛距離がアップします。こっそりとゴルフスイングの改造に取り組んでゴルフ仲間を驚かせちゃいましょう!

スポンサードリンク

« 2008年05月 | Top2008年07月 »

【新着情報】

ゴルフスイングをトレーニングするためには、ゴルフ練習場へ行き練習を行うのをお勧め...

距離を合わせるために、確実な距離感を持つことが必要です。 そこで「ストローク式」...

ゴルフ場においては、ゴルフスイングをした回数をカウントします。 「ゴルフスイング...

バックスイングのトップの時点で、体を沈み込ませるような姿勢をとっていなければボー...

飛距離が伸びないということは、ゴルフスイングの大きな悩みの一つでしょう。 「ゴル...

バックスイングからトップにかけての姿勢は、右腕は折りたたみ、左腕を伸ばしている状...

「両腕でできる三角形の形を保持しながらテークバックする」これは、ゴルフスイングの...

ボールを両目で見ていると、手の力だけのバックスイングになってしまっていたり、左肩...

「ボールから目を離してはいけない」というのは、ゴルフスイングをする時によく使われ...

スウェイとは、バックスイングの時に腰の右部分を右側に突き出してしまうことです。 ...

ドライバーのトレーニングを頻繁にしているのに、思うようにボールの飛距離が伸びない...

ゴルフスイングには、腕の手の力はそれほど重要であるとは考えられていません。 ゴル...

テークバックを始める時に、ゴルフスイングでのうまい「調子」作りの重要なポイントが...

調子をうまく作るには・・・基礎が大切であるといえます。 基礎とは・・・まず、クラ...

「不得手なクラブ」というものが、たくさんのゴルファーに見受けられます。 スプーン...

頭の回転を確かめるには、鉛筆を口に加えるという方法で可能となります。 ゴルフスィ...

体をひねって生み出される「力」を蓄える、そして蓄えた「力」を効率よく自然な形でボ...

トップの状態からアドレスの姿勢に腰を戻そうとする時に身体の重心にかかる位置が右足...

世の中の、ほとんどのゴルファーには「飛距離があって曲がらないボールを打ちたい」と...

ヒールアップとは反対に、ダウンスイングの場合は、右足の「けり」がポイントであると...

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo