Top >  ゴルフスイング練習法 >  ミドルアイアン

スポンサードリンク

ミドルアイアン

 
ショートアイアンで的確にグリーンを手中に収められるようであれば、ミドルアイアンのゴルフスイングのトレーニングを行いましょう。
番手どおりの飛距離やロフト角どおりの球筋を得られるようになるためには、ミドルアイアンのゴルフスイングの習得が必要なのです。
ミドルアイアンでグリーンをうかがえるようになると、ゴルフはより楽しくなるようです。
「上下左右の打点のずれをなくす」ことは、ミドルアイアンのゴルフスイングにおいて大事なことの一つであるといえます。
「頭のずれ」は、アイアンで番手どおりの球筋が得られないことの要因なのです。
上体の回転に合わせて、無理なく頭を回転させることは良いのですが、上下左右にぶれてしまうと球筋が一定に保たれません。
スイングの過程で頭の位置がずれてしまうことは、インパクトの位置(ヘッド軌道の最下点)がずれることにつながってしまうのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ストロークを安定させると  |  トップページ  |  次の記事 ダフリやトップの要因  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。