Top >  ゴルフスイング練習法 >  ストロークを安定させると

スポンサードリンク

ストロークを安定させると

いつもショートしてしまう人なら、1メートルのショットを1メートルオーバーさせるトレーニングを行いましょう。
1メートルオーバーさせるトレーニングを行っていれば、ちょうど30センチオーバーのパッティングが本番で行うことができるでしょう。
ストロークが安定していないと、バックスイングとフォロースイングの大きさや速度が違ってくるのです。
ですので、バックスイングとフォロースイングの大きさや速度を同じにするには、ストロークを安定されることが大切なのです。
同じ振り幅で打っている感覚があったとしても、距離を一定には保てないのです。
ストロークを確実なものにするには、フォローに神経を集中させないで、インパクトの瞬間に手とヘッドをアドレスの体勢に戻すことを強く意識しましょう。
また、ヘッドの重さだけで打つようなイメージを持って行えば、バックスイングとフォロースイングの速度は同じになることでしょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 パットのトレーニング  |  トップページ  |  次の記事 ミドルアイアン  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。