Top >  ゴルフスイング練習法 >  パットのトレーニング

スポンサードリンク

パットのトレーニング

ゴルフスイングをトレーニングするためには、ゴルフ練習場へ行き練習を行うのをお勧めします。
練習グリーンを完備しているゴルフ練習場もあります。
もちろんドライバーはゴルフスイングですが、パットもゴルフスイングの一つと考えて時々はトレーニングを行いましょう。
練習グリーンが必ず完備されているのは、ゴルフ場のコースであるといえます。
そしてコースに出る前には、距離感を確かめておくことが必要なのです。
初めに10メートル、5メートルを打つための振り幅を確かめることで距離感をつかみましょう。
平地での距離感を自分のものにすれば、あとは応用だけです。
具体的には、上りのパッティングであれば「振り幅」を大きくし、下りのパッティングであれば「振り幅」を小さくする、という具合です。
仕上げの段階で、効き目のあるトレーニングは、1メートルのショットを30センチくらいオーバーさせるトレーニングです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 正確なパット  |  トップページ  |  次の記事 ストロークを安定させると  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。