Top >  ゴルフスイング練習法 >  基礎は大事

スポンサードリンク

基礎は大事

調子をうまく作るには・・・基礎が大切であるといえます。
基礎とは・・・まず、クラブの握り方を確認することが重要です。
グリップの正しい握り方は、余計な力を加えず右手をかぶせるということをせず、横から添える形が理想です。
また、体の方向も大事な要因になります。
右肩が前方に出すぎると、トップの体勢で左足に体の重心がかかってしまうことになって、ダウンスイングの振りを安定させることが難しくなります。
右肩を真っ直ぐさせるためには、右手をかぶすことのないグリップの握り方が必要なのです。
肩のラインを平行にして構えることに神経を集中させましょう。
そして、テークバックを始めることからうまい「調子」作りが始まるのです。
ここで、注意しなければならないのはヘッドを低くすることです。
ヘッドを低く引くことによって、早すぎるテンポが解消されるのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ゴルフスイングの調子も大切  |  トップページ  |  次の記事 上手な「調子」の作り方  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。