Top >  ゴルフスイング練習法 >  頭の回転を確かめるには

スポンサードリンク

頭の回転を確かめるには

頭の回転を確かめるには、鉛筆を口に加えるという方法で可能となります。
ゴルフスィングをしている時に、鉛筆を口にくわえて、自分の頭がスイングしていく中で身体の回転と同じように、無理なく回転しているかということを確認するのです。
アドレスの体勢では、ボールの少々右の方に鉛筆の先が向いている状態にすると良いでしょう。
バックスイングに入れば、両肩や腰の回転と同じ流れに乗って、頭も右の方向へ無理なく回転させるのです。
トップからインパクトに移る時には、体のひねりと同時に、頭も元の場所に戻るよう回転させます。
クラブヘッドがボールを捉える瞬間には、鉛筆の先がアドレスの姿勢と同じ方向を指すようにします。
頭が絶えず同じ場所にあれば、フォロースルーをなめらかにすることができなくなるのです。
ですから、インパクトの後は体の回転と同様に、頭も回転させなければならないのです。
フィニッシュの体勢では、鉛筆の先が目標の方向を向いている状態になるように、頭の位置を持っていくことが望ましいでしょう。
ちなみに、鉛筆が無いという時は「ティー」を使うことをお勧めします。


スポンサードリンク

 <  前の記事 鉛筆を使った練習とは  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフスイングの調子も大切  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。