Top >  ゴルフスイング練習法 >  鉛筆を使った練習とは

スポンサードリンク

鉛筆を使った練習とは

体をひねって生み出される「力」を蓄える、そして蓄えた「力」を効率よく自然な形でボールにぶつける・・・このように理想的なゴルフスイングをするためには、体をうまく回転させなければなりません。
腰や両肩をうまく回転させれば無理のない自然なゴルフスイングができますが、さらに重要なポイントがあります。
それは「頭の回転」というものなのです。
アドレスからトップ、そしてダウンスイングからフィニッシュにかけては、それほど「頭の固定」にこだわる必要はありません。
体を回転させる自然な流れの中で、頭が左右に動いてしまうことには過敏にならなくてもいいのです。
なお「鉛筆を口にくわえる」という作業をすれば、頭の回転を確かめることができるでしょう。
その方法とは、ゴルフスイングをする時に鉛筆を口にくわえて、スイングをしていく中で自分の頭が体の回転と同じように無理なく回転しているかどうかを確かめるというものです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 腰の回転も重要  |  トップページ  |  次の記事 頭の回転を確かめるには  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。