Top >  ゴルフスイング練習法 >  腰の回転も重要

スポンサードリンク

腰の回転も重要

トップの状態からアドレスの姿勢に腰を戻そうとする時に身体の重心にかかる位置が右足から左足に移ります。
この体重を移動させる反動というものを利用して、上半身を回転させるのです。
ボールを力強く的確に打つために、両肩が回転させることに神経を集中させれば上半身の回転につながります。
出来る限り、素早く両肩を回転させることによって、両腕にも速度が伝わりクラブのヘッドスピードを上がるという効果が生まれるのです。
そうすれば、最大限の力でボールを打つことが可能になります。
下半身や両肩を回転する時の反動の効果が見込めなくなるので、両腕だけの力に頼ったダウンスイングはしないように注意しましょう。
ゴルフスイングにおいて、両腕が主体になるようなスイングを続けていればどれほどトレーニングを積んだとしても、残念ながらヘッドスピードが上がることはないので、思うようにボールの飛距離も伸びないでしょう。
飛距離が伸び悩んでいる人は、「腰の回転」に神経を集中させましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ボールを力強く的確に打つためのポイント  |  トップページ  |  次の記事 鉛筆を使った練習とは  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。