Top >  ゴルフスイング練習法 >  ボールを力強く的確に打つためのポイント

スポンサードリンク

ボールを力強く的確に打つためのポイント

世の中の、ほとんどのゴルファーには「飛距離があって曲がらないボールを打ちたい」という願いがあるようです。
ゴルフスイングする際に、ボールを力強く的確に打つためのポイントは、いろいろと上げればキリがないほどです。
ボールを力強く的確に打つために「腰の使い方」というのも押さえるべきポイントの一つであるといえます。
ボールを曲がることなく遠くまで飛ばすためには、腰を高速回転させるゴルフスイングが必要でしょう。
「ねじられた」腰をアドレスの姿勢に戻そうという動きから、ダウンスイングが始まるといえます。
ひねられた体をアドレスの姿勢に戻そうとする動きというのは、早くなければならないのです。
トップの状態から腰をアドレスの姿勢に戻そうとする時、右足から左足に体の重心のかかる位置が移っていきます。
体重を移動させる反動を利用して、上半身が回転し始めるという訳なのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ダウンスイング  |  トップページ  |  次の記事 腰の回転も重要  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。