Top >  ゴルフスイング理論 >  ダウンスイング

スポンサードリンク

ダウンスイング

ヒールアップとは反対に、ダウンスイングの場合は、右足の「けり」がポイントであるといえます。
右足で「ける」という動作は、具体的には、右足のかかとを上げるということです。
しかし、単純にかかとを上げればいいというものではなく、右足のかかとを左足のつま先方向に寄せていくという感覚が必要であるといえます。
テークバックする時のかかとの動かし方とは、全く逆であるといえますね。
右足かかとを上げるだけでは右ひざが前に出てしまうので、腰の左部分が横に流れてしまうのです。
結局、左ひじも引けてしまった形のゴルフスイングとなってしまいます。
インパクトの瞬間に、テークバックからトップでためた力をボールにぶつけるためには、右足の「けり」が重要なのです。
ダウンスイングする時に体の重心を左足の親指付け根で支えていれば、下半身全体が左方向に逃げてしまうようなこともありません。
体の左側に、いわゆる「壁」を作るというイメージで間違いないでしょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ヒールアップ  |  トップページ  |  次の記事 ボールを力強く的確に打つためのポイント  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。