Top >  ゴルフスイング理論 >  ヒールアップ

スポンサードリンク

ヒールアップ

ゴルフスイングにおいて「ヒールアップ」に神経を集中させることによって、アドレスからテークバックまたトップからダウンスイング、そしてインパクトに至るまで、体の重心を足の親指の付け根にかけ続けることができるでしょう。
ここでは、ゴルフスイングでの「ヒールアップ」の方法についてお話ししましょう。
テークバックする時に、左足のかかとをあげるだけでは左ひざが前方に出てしまい、左肩も下がってきます。
そうなると、結局、腰の右部分が引けた姿勢になるので、体の重心を右側にうまく持ってくることができません。
ですからテークバックする時は、左足のつま先を地面にグリップした状態で左足のかかとの外側部分を右足のつま先がある方向に上げていくと解消されるようです。
足をただ単に上げるということではなく、反対側の足のつま先に向かって寄せていくという感覚です。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ビギナーの姿勢の問題点  |  トップページ  |  次の記事 ダウンスイング  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。