Top >  ゴルフスイング理論 >  ビギナーの姿勢の問題点

スポンサードリンク

ビギナーの姿勢の問題点

アドレスの時点で重心を正確な位置に持ってこなければ、足の親指の付け根で体重を支えることはできません。
そのために、両足の指先でしっかりと地面を握るというような感覚が必要なのです。
両足の内側を使って、体重の移動をしますからアドレスの時点でも体重が両足の内側にかかっていなければなりません。
アドレスの時に、後方に「おしり」が引けてしまった姿勢がたくさんのビギナーに見受けられます。
土踏まずに気持ちがとらわれ過ぎると、尻が後ろの方へ引けるそうです。
地面に接していない土踏まずに体重はかけられませんので、下半身が不安定でスイング中に上体が前後左右にぶれてしまいます。
体重を、アドレスの時点で足の親指の付け根にかけたとしても、スイングが始まってから体重がかかと側にかかってしまうこともあります。
こんな時は両足のかかとを上げるよう、「ヒールアップ」に神経を集中させることをお勧めします。


スポンサードリンク

 <  前の記事 体重移動は重要  |  トップページ  |  次の記事 ヒールアップ  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。