Top >  ゴルフスイング理論 >  体重移動は重要

スポンサードリンク

体重移動は重要

ゴルフスイングでは、「トップで左肩が落ちる」・「ダウンスイングで右ひざが前に出てしまう」・「右腰が左右にぶれる」・・・などいろいろな悩みがあると思います。
この悩みに対してはもちろん、たくさんの要因が考えられます。
「体重をうまく移動させられない」ことが、要因の一つだとされています。
対策としては、足の親指の付け根あたりに体重をかけるように心がけましょう。
そして、左右の足の親指の付け根で支えた体重を移動させることが、アドレスからインパクトまでの体重移動なのです。
つま先やかかとに体重がかかっている体勢では、せっかく体をひねってためた力が分散されるのでゴルフスイングがうまくできません。
アドレスの時点で重心を正確な位置に持ってこなければ、足の親指の付け根で体重を支えることはできないのです。
そのためには、両足の指先でしっかりと地面を握るというような感覚が必要です。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ゴルフスイングのフォロー  |  トップページ  |  次の記事 ビギナーの姿勢の問題点  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。