Top >  ゴルフスイング理論 >  ゴルフスイングのフォロー

スポンサードリンク

ゴルフスイングのフォロー

テークバックと同じように、ゴルフスイングのフォローでもクラブのグリップエンドが「へそ」を指し示すようにすることが大切です。
フォローの途中までは前かがみの体勢を維持しなければなりません。
クラブヘッドが腰の高さに戻るまで、前かがみの体勢を維持するのが望ましいようです。
手をたたむ時は、左ひじを地面に向け、ゆるやかにたためばいいと思われます。
フォローの後半は左側の腰を突き出さないで、左足を軸にして腰を回転するというイメージが必要です。
フィニッシュでは、目標を指すまで右肩を回転させなければいけません。
フィニッシュの体勢は、頭から左足まで一直線になるようにしましょう。
自分のスイングをチェックするのに、鏡だけでは無理があります。
自分のスイングをビデオカメラなどで撮影するのもいいかもしれません。
スローでビデオテープを再生をすれば、相当細かい部分まで確かめることができるでしょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 インパクトの瞬間  |  トップページ  |  次の記事 体重移動は重要  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。