Top >  ゴルフスイング理論 >  インパクトの瞬間

スポンサードリンク

インパクトの瞬間

ゴルフスイングにおいて、クラブヘッドがボールを捉える瞬間にアドレスの時よりも右ひざが前に出ているかどうか確かめて下さい。
左手の甲の角度や両腕の位置、顔の向きはアドレスの時と同じになっていることが理想なのです。
また、腰の角度は地面と平行でなければいけません。
打球の方向に左ひざが運ばれたり、上体が伸びきったりしてしまうと腰が地面と平行にはならないからです。
秘訣は、インパクトの瞬間まで左足の付け根で踏ん張り続けることなのです。
クラブヘッドがボールを捉える時に、「あご」が地面の方向に向いていることも大切であるといえます。
上体が左右にぶれないで、ボールから目を離さなければおのずから「あご」の先は地面を指すことになります。
テークバックと同じように、ゴルフスイングのフォローでもクラブのグリップエンドが「へそ」を指し示すようにしましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ダウンスイング  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフスイングのフォロー  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。