Top >  ゴルフスイング理論 >  肩のラインを斜面に対して平行にして立つことは大切

スポンサードリンク

肩のラインを斜面に対して平行にして立つことは大切

目標に対してスクエアに構えるスタンスをとるのですが、左足上がりの足場ではテークバックする時には、クラブがインサイドに上がりやすくします。
そしてインサイドアウトの特性が強くなってしまう場合がありますので、目標をピンの左側に定めてもいいと考えられます。
斜面において、正確な角度でボールを上げるためには、斜面に逆らうことなく「肩のラインを斜面に対して平行にして立つ」ことが大切なポイントです。
具体的には、左足上がりの足場では、肩を斜面に対して平行に保ち、左ひざを踏ん張ることによって、左足で体重を支える体勢で構えるのです。
右足に体重がかかっているとテークバックする時に体が右に流ることになり、スウェイしやすくなってしまいます。
クラブを正確に打ち込めば、ボールも正確な角度で、思い通りに飛んでくれるでしょう。
バンカーのふちが高い場合、恐れすぎるとインパクトが弱くなって、飛距離も伸びず、また「ザックリ」を起こすことにもなります。
くれぐれも「スクエアフェース」と「スクエアスタンス」を忘れないようにしましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 スクエアフェースとスクエアスタンス  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフボールはソフトボール  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。