Top >  ゴルフスイング理論 >  スクエアフェースとスクエアスタンス

スポンサードリンク

スクエアフェースとスクエアスタンス

ゴルフスイングの中でもバンカーにおいては、フェースを開いてアウトサイドインのカット打ちをしている人は少なくないようです。
しかしながら、他のゴルフスイングと同じように「スクエアフェース」と「スクエアスタンス」が、バンカーショットの基礎なのです。
クラブのフェースとボールの位置関係についてお話ししましょう。
フェースは目標に向かってスクエアに構えます。
この時忘れてはならないポイントは、バンカーの土手よりもフェースの向きが高い位置を指し示していることです。
バンカーの土手よりもフェースの向きが高い位置を指し示しているかどうか是非、確かめましょう。
ボールの位置は左足かかとの前が望ましいでしょう。
目標に対してスクエアに構えるスタンスをとるのですが、左足上がりの足場ではテークバックする時には、クラブがインサイドに上がりやすくなるようなのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 バンカーからカップまでの距離が離れている場合  |  トップページ  |  次の記事 肩のラインを斜面に対して平行にして立つことは大切  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。