Top >  ゴルフスイング理論 >  バンカーからカップまでの距離が離れている場合

スポンサードリンク

バンカーからカップまでの距離が離れている場合

ソールから打ち込めば砂の中を滑って思い通りの角度でボールを飛ばすことができます。
さらに、少し手前に入ってしまったとしても、「ザックリ」などの悪い影響が現れにくいのです。
このような理想的なゴルフスイングをするために、忘れてはならないポイントについてお話しします。
テークバックからトップの過程で、クラブのフェースが絶えず自分の頭を指すように上げなければ、サンドウェッジのソールから打ち込むことはできません。
具体的には、テークバックに入る初めの段階で、左手の甲が上を向くようにします。
その状態で手首を曲げるようにしながら、クラブのフェースが自分の頭を指すようにテークバックするのです。
ただし、バンカーからカップまでの距離が離れている場合には、この方法が使えないのですが、あごが出ているバンカーショットなどには、かなりの効果が期待できるようですから、是非お試し下さい。
鏡を利用した練習がお勧めです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 砂を打つバンカーショット  |  トップページ  |  次の記事 スクエアフェースとスクエアスタンス  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。