Top >  ゴルフスイング理論 >  砂を打つバンカーショット

スポンサードリンク

砂を打つバンカーショット

「直接ボールを打つということではなく、砂を打つ」というイメージを持つことは、バンカーショットでのゴルフスイングにおいて重要なポイントです。
ここで肝心なことは、どれくらいの角度でどちらの方向へ砂を飛ばせば良いのかということです。
サンドウェッジの歯(リーディングエッジ)から打ち込むのではなく、バンカーでゴルフスイングをする場合には、ソールから打ち込むように心がけましょう。
リーディングエッジから打ち込んだ場合には、砂の中にヘッドが埋まってしまうので、目標とする角度でボールが飛ばないだけではなく、「トップ」や「ザックリ」という現象につながってしまうのです。
ソールから打ち込めば、ソールが砂の中を滑って思い通りの角度でボールを飛ばせることができるのです。
また少々手前に入ってしまっても、「ザックリ」などの悪影響が現れにくいようです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ティーアップの低さとスタンスの幅  |  トップページ  |  次の記事 バンカーからカップまでの距離が離れている場合  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。