Top >  ゴルフスイング理論 >  ティーアップの低さとスタンスの幅

スポンサードリンク

ティーアップの低さとスタンスの幅

ティーアップを低くするために、クラブの握りを短くしスタンスの幅を狭めます。
スタンスの幅を狭める時に何も考えずに幅を狭めてしまうと、ボールの位置がいろいろと変化してしまいます。
ですので、右足を左の足に寄せる形で狭くするのが理想なのです。
ボールの位置が変化すると、スイングの体勢もくずれますので、悪い事態が予想されます。
左足とボールの位置関係を安定させるために、必ず右足を動かすことを忘れないで下さい。
いくらスタンスを狭くしたからといっても、スイングは本来のスイングをすることが大切です。
ティーアップする場所を選ぶ時にも、細心の配慮が必要でしょう。大事なことは、ティーアップを普段よりも低くすることです。
しかしティーアップする場所が自分の足元よりも高いような場合は、低くしたティーアップの効き目が期待できなくなってしまいます。
こういった場所を避けなければ、決して弾道の低いボールは打てません。
どうしても最適な場所が見つけられないような時には、できるかぎり低くティーアップすることを意識すればいいでしょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 低いティーアップが大切  |  トップページ  |  次の記事 砂を打つバンカーショット  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。