Top >  ゴルフスイング理論 >  低いティーアップが大切

スポンサードリンク

低いティーアップが大切

アゲインストの強風が吹いている状況でドライバーを打つ場合、高すぎるボールを打ってしまうと風の威力を被って長い飛距離が期待できません。
高すぎるボールを打ってしまうと、風の影響を受けてしまうならその逆の低い放物線を描くようなボールを打てば、風の威力をあまり受けずに済むといえます。
ですので、極力、弾道の低いボールを打てるゴルフスイングを習得したいですね。
では、弾道の低いボールを打つにはどうすればいいのでしょうか?
そのことについて説明しましょう。
弾道の低いボールを打つためのゴルフスイングには、注意しなければならないポイントがいくつかあります。
普段よりもボールの3分の1ほどティーアップを低くすることから始めます。
クラブの握りは短くして、本来の体勢よりもスタンスの幅を狭くしてみましょう。
この時、何も考えずにスタンスを狭くすると、ボールの位置がさまざまに変化してしまいますので、右足を左に寄せる形で狭くしなければいけないのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ゴルフスイング時の腰の安定  |  トップページ  |  次の記事 ティーアップの低さとスタンスの幅  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。