Top >  ゴルフスイング理論 >  ゴルフスイング時の腰の安定

スポンサードリンク

ゴルフスイング時の腰の安定

高さを変えなければ、バックスイングする時に頭が動いても支障はきたさないようです。
ですので、バックスイングに入れば頭の固定にこだわる必要は無いといえます。
もう一つの「ずれ」は、上体が伸び上がったあとに沈み込んでしまうことを示す「ずれ」です。
これを改善するためには、バックスイングをする時に右足の内側部分に力を入れることをお勧めします。
アドレスの体勢と同じ位置と高さで、腰を回転させることを可能にするために右足の内側部分に力を入れるのです。
反対の視線から見れば腰の高さを変えることなく上体をねじれば、右ひざがトップの体勢でもアドレスの体勢と同じ角度になっているはずだということです。
ゴルフスイングをする時に、なかなか腰の位置を安定させられない人は誰かにクラブのグリップエンドで腰を押してもらいながらスイングするトレーニングを行ってみましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 テークバックからトップにかけての腰の回転  |  トップページ  |  次の記事 低いティーアップが大切  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。