Top >  ゴルフスイング理論 >  テークバックからトップにかけての腰の回転

スポンサードリンク

テークバックからトップにかけての腰の回転

テークバックからトップにかけて上体を回転させることによって高さがずれにくくなりますが、同時に忘れてはならないのは「腰の高さを回転させる」ことであるといえます。
おおまかに分けると、ゴルフスイングをする時には二種類の「上下のずれ」が考えられるからなのです。
一つは、ダウンスイングの時点で上体が伸び上がってしまう「ずれ」です。
これはバックスイングをする時に、身体が沈みこんでしまうことによって起こってしまうのです。
具体的にはバックスイングする時に、ボールを見すぎてしまうことが要因となります。
「頭を固定しなければならない」ことに神経を集中させ過ぎて、右肩が下がってしまいボールに顔が寄りすぎてしまう現象を示します。
トップからダウンスイングにかけての過程では「頭の固定」が大切なポイントですが、バックスイングに入れば「頭の固定」にこだわる必要はありません。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ダフリやトップの要因  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフスイング時の腰の安定  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。