Top >  ゴルフスイング理論 >  ダフリやトップの要因

スポンサードリンク

ダフリやトップの要因

「ダフリ」や「トップ」の要因になってしまうのは、スイングの過程で頭の位置がずれてしまうことが関係するようです。
なぜならヘッド軌道の最下点・・・インパクトの位置・・・がずれるからなのです。
ダウンスイングの体勢で上体が右にずれやすくなるのは、テークバックする時に頭が右にずれているからなのです。
一方、頭が左にずれた場合は、クラブヘッドの前面部分がかぶりやすくなり、ボールが描く放物線が低くなったり「アウトサイドイン」の軌道で「カット打ち」になったりすることもあるのです。
「カット打ち」であればボールは高く上がりますが距離はは伸びません。
頭がずれにくいアドレスで構えることが、アイアンのゴルフスイングにとって大切なことなのです。
目標となるラインに対して、両足が平行になるように構える「スクエアスタンス」が基礎となります。
この際、右足のつま先が目標ラインに対して直角になるように注意しましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ミドルアイアン  |  トップページ  |  次の記事 テークバックからトップにかけての腰の回転  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。