Top >  ゴルフスイング理論 >  ダウンスイング

スポンサードリンク

ダウンスイング

ダウンスイングは、左ひざから動かし始める感覚が大事なのです。
具体的には、左足親指の付け根で地面を握るイメージで望めば左ひざから動かし始めるダウンスイングが可能になります。
また、右肩が落ちたり体重を左側に動かしにくいので上半身から動き始めてはいけません。
なおダウンスイングの時は、テークバックと同じルートではダウンしないのです。
同じルートでダウンさせるならば、体が開いているのでクラブをかなり外側から下ろさなければなりません。
ですから、強引に同じルートでダウンさせなくても良いでしょう。
クラブのシャフトが地面と平行になった時点で、腰は30度ほど開き両肩はボールを飛ばす方向に対してスクエアの状態になるのがベストなのです。
もしもダウンスイングの切り返しがうまくできなかったら、腰と両肩に回転の差がありませんので注意しましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 バックスイング  |  トップページ  |  次の記事 インパクトの瞬間  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。