Top >  ゴルフスイング理論 >  正確なパット

スポンサードリンク

正確なパット

距離を合わせるために、確実な距離感を持つことが必要です。
そこで「ストローク式」と呼ばれる、手の力を利用しないパッティングをお勧めします。
詳しく言うと、手首を使うことなく振り幅の大きさによって距離を打ち分けるということです。
手首の力を使った場合、インパクトの瞬間にヘッドが先に出てしまって、確実な距離感を持てなくなるのです。
「上がりのパットでは振り幅を大きく、下りのパットでは振り幅を小さく」、このように振り幅を利用すれば、距離感に大幅な差が生まれないようです。
左手の小指と薬指でしっかりと握り、バックスイングとフォロースイングが同じ速度になるように意識しましょう。
大切なことは、インパクトの瞬間は手とグリップの位置を元に戻すことです。
そして方向性や距離感を正確に保つために、ストローク中は手首の角度を変えてはいけません。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ストローク式  |  トップページ  |  次の記事 パットのトレーニング  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。