Top >  ゴルフスイング理論 >  ストローク式

スポンサードリンク

ストローク式

ゴルフ場においては、ゴルフスイングをした回数をカウントします。
「ゴルフスイングをした回数が多ければ多いほど下手である」ということになるのです。
具体的には、打った数をカウントするのですが、パットも1打としてカウントされますしドライバーも1打としてカウントされるのです。
ドライバーはもちろんですが、パットの打数も減らさないとゴルフのスコアは良くなりません。
大事なことは、上がりのパットでは強めに打って下りのパットでは距離をあわせるように弱めに打つということなのです。
頭では理解しているつもりでも「打ちすぎてオーバーしたり、打ち切れずにショートしたり」と、実際はなかなかうまくいかないもので
す。
たとえどのような場面であっても、距離を合わせるためには確実な距離感を持つことが必要であるといえます。
そこで「ストローク式」と呼ばれる、手の力を利用しないパッティングをお勧めします。


スポンサードリンク

 <  前の記事 飛距離を伸ばすための姿勢  |  トップページ  |  次の記事 正確なパット  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。