Top >  ゴルフスイング理論 >  飛距離を伸ばすための姿勢

スポンサードリンク

飛距離を伸ばすための姿勢

バックスイングのトップの時点で、体を沈み込ませるような姿勢をとっていなければボールが遠くまで飛びません。
トップの時点で、左ひざよりも右ひざの位置が高くないとボールは遠くまで飛ばないのです。
左ひざよりも右ひざの方が高くなっている状態というのは、体が伸び上がっている状態なのです。
バックスイングをする時は、体を沈みこませるようなイメージを持って、左ひざよりも右ひざを低くするように心がけましょう。
もしくは、テークバックする時に、腰を回転させながら体を沈めるというイメージを持つということでもかまいません。
どちらにしても、アドレスからトップにかけて少し身体が沈むくらいがベストなのです。
トップの時点で体が伸び上がった姿勢をとっていると、下半身の力がボールに伝わらず、飛距離が伸びないという結果を招いてしまいます。
飛距離で悩んでいる人は、「上体が伸び上がっていないか」チェックしてみましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 飛距離  |  トップページ  |  次の記事 ストローク式  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。