Top >  ゴルフスイング理論 >  飛距離

スポンサードリンク

飛距離

飛距離が伸びないということは、ゴルフスイングの大きな悩みの一つでしょう。
「ゴルフスイングをする時に、上体が伸び上がっている」ことが、飛距離が伸びないことの要因の一つであると考えられています。
トップの時点で体が伸び上がった姿勢をとっていれば、力を蓄えられません。
したがって、飛距離も伸びないということになります。
アドレスからバックスイング、トップにかけて右ひざや右腰が伸びきった場合、トップの体勢で十分に力が蓄積できなくなるのです。
飛距離を大幅に伸ばせる人の場合、アドレスの体勢よりもトップの体勢の方が、低くなっているのです。
バックスイングのトップの時点で、体を沈み込ませるような姿勢をとっていなければ、ボールが遠くまで飛ばないということです。
よりわかりやすく言うと、トップの時点で、左ひざよりも右ひざの位置を高くしない体勢をとるということなのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 バックスイングからトップにかけての姿勢  |  トップページ  |  次の記事 飛距離を伸ばすための姿勢  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。