Top >  ゴルフスイング理論 >  バックスイングからトップにかけての姿勢

スポンサードリンク

バックスイングからトップにかけての姿勢

バックスイングからトップにかけての姿勢は、右腕は折りたたみ、左腕を伸ばしている状態が理想です。
バックスイングに入って、左肩がアドレスの体勢から90度回転すると、左手の指先は体から一番離れたところに持って行くのです。
トップにかけて、腰の高さまで両腕は三角形の形になっていますが、それから後は、右腕は曲げないといけません。
トップの体勢では、左腕を真っ直ぐに延ばすことを気にしなくてもいいようなのです。
理想としては、真っ直ぐな左腕がいいのですが、曲がっていても大丈夫です。
それよりも、真っ直ぐにしようとするあまりに左手に力が入りすぎる、という弊害に気をつけましょう。
腕に力が入りすぎるとダウンスイングの時に、クラブを素早く振り下ろすことができないので、ボールも遠くへ飛んではくれません。
重要なことは、腕の力を抜いて、上体を回転させることなのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 三角形にとらわれるな  |  トップページ  |  次の記事 飛距離  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。