Top >  ゴルフスイング理論 >  三角形にとらわれるな

スポンサードリンク

三角形にとらわれるな

「両腕でできる三角形の形を保持しながらテークバックする」これは、ゴルフスイングの理論として、よく言われる言葉です。
この言葉にとらわれすぎて、トップの体勢がおかしな格好になってしまった人が、ゴルフのビギナーの中に見受けられます。
文字通り、腕の形を三角形に保ったままで、ガチガチに固まったバックスイングをしている人です。
もちろん、右腕が伸びた状態でバックスイングすると、トップの体勢もなめらかには作れません。
両腕を固めたままでバックスイングテークをしてしまうと、無理なテークバックをすることになります。
さらに、トップに入った時、上体をうまく回転できなくなります。
両腕の三角形を絶えず維持しようとすると、上体をなめらかにねじることが不可能になるのです。
そして、バックスイングからトップにかけては、右腕はおりたたんで、左腕は伸ばしている状態が望ましいのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 重要なトップの姿勢  |  トップページ  |  次の記事 バックスイングからトップにかけての姿勢  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。