Top >  ゴルフスイング理論 >  重要なトップの姿勢

スポンサードリンク

重要なトップの姿勢

ボールを両目で見ていると、手の力だけのバックスイングになってしまっていたり、左肩が落ちて左足に体重がかかったトップの姿勢になってしまっています。
これだと、ボールの飛距離は伸びないのです。
バックスイングのトップの場合は、アドレス時より右側に顔を向けている姿勢で、右斜め上から左の肩越しにボールを見るようにするといいのです。
アドレスの時と同じ体勢でボールを見ていると、トップの段階で肩の回転がストップしてしまうのです。
肩の回転がストップすれば、反作用で左肩が下がってしまいます。
左肩が下がると、体の重心が右足にかけられなくなって、左足に体重のかかったトップの体勢ができあがってしまいます。
ですから、トップの体勢でボールを左の肩越しに見るという習慣をつけるようにしましょう。
顔を右の方向に向ければ、自然に肩もうまく回転します。
そして、トップの体勢で、体の重心が右足にかけやすくなるのです。
体重を右足にかけることが苦手な人は、ボールを追う目線を意識しましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ボールを肩越しに見る  |  トップページ  |  次の記事 三角形にとらわれるな  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。