Top >  ゴルフスイング理論 >  ボールを肩越しに見る

スポンサードリンク

ボールを肩越しに見る

「ボールから目を離してはいけない」というのは、ゴルフスイングをする時によく使われる言葉です。
アドレスに始まり、テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクトという流れをたどるゴルフスイングにおいて、どの過程であって
も「ボールから目を離してはいけない」ことが重要なのです。
ただし「ボールから目を離してはいけない」ことついて、少し間違った考え方を持っている人も少なくありません。
代表的な例を挙げますと、ボールを見続けなければならないという観念が強すぎて、トップの体勢でもボールを両目で見ている人です。
ボールを両目で見ている人の場合、手の力だけを使ったバックスイングになってしまったり、左肩が落ち左足に体重がかかったトップの姿勢になってしまうのです。
そうなると、ボールの飛距離は伸びません。
バックスイングのトップの時には、アドレスの時よりも顔は右側を向いている体勢で、右斜め上から左肩越しにボールを見ることを心がけましょう。


スポンサードリンク

 <  前の記事 ひねりの力  |  トップページ  |  次の記事 重要なトップの姿勢  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。