Top >  ゴルフスイング理論 >  バックスイング

スポンサードリンク

バックスイング

バックスイングで重要なポイントは、左腕が地面と平行になった時点でクラブのシャフトと左腕が90度になっているということです。
左腕が地面と平行になった時点でクラブのシャフトと左腕が90度になっているということ是非、確かめましょう。
左親指側のコックが足りない時、シャフトと左腕が90度にはなりません。
クラブのシャフトが地面に対して垂直にするためには、左親指側のコックを確実にするよう心がけましょう。
そうすれば、シャフトと左腕が90度になるのです。
ゴルフスイングのトップの位置では、肩が90度以上で腰が約45度に回っていることが理想です。
また、左手甲の方向とクラブフェースの方向が同じでなければなりません。
左手首のコックがしっかりされていれば、自然に左手甲とクラブフェースの方向は同じになります。
ダウンスイングは、左ひざから動かし始める感覚が大事です。


スポンサードリンク

 <  前の記事 チンバック  |  トップページ  |  次の記事 ダウンスイング  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。