Top >  ゴルフスイング理論 >  ひねりの力

スポンサードリンク

ひねりの力

スウェイとは、バックスイングの時に腰の右部分を右側に突き出してしまうことです。
右腰のスウェイを防ぐために注意しなければならないのは、体の重心を右ひざと右足の付け根で確実に支えるということです。
バックスイングする時に、右ひざで体の重心を確実に受け止めることができれば、腰は右側にスウェイすることがなくなりますので、全力で右側に動くような感覚で体重を右ひざにかけることを心がけましょう。
また、右足の付け根が安定していれば、右側にスウェイすることは無く、右足の太ももに張りが感じられます。
このように右足で体重を支えることができれば、上体のひねりから生まれる「ひねりの力」をあますところなく、効率的にボールにぶつけることが可能なのです。
しかし、右足の付け根だけに神経が集中しすぎると、右肩が落ちることになりますから、留意してください。


スポンサードリンク

 <  前の記事 右腰のスウェイ  |  トップページ  |  次の記事 ボールを肩越しに見る  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。