Top >  ゴルフスイング理論 >  右腰のスウェイ

スポンサードリンク

右腰のスウェイ

ドライバーのトレーニングを頻繁にしているのに、思うようにボールの飛距離が伸びない・・・そんな時には、ゴルフスイングでのトップの形というものを振り返ってみましょう。
上体のひねりによって蓄えた力を、自然にボールにぶつけるためには、ゴルフスイングの頂点での形「トップの形」が肝心になります。
トップの体勢で腰の右部分が「スウェイ」してしまうと、ひねりの力が無駄になってしまいます。
このようなトップの姿勢では、はっきり言って的確な「ダウンスイング:」というものは望めないでしょう。
ここで言う「スウェイ」とは、バックスイングの時に腰の右部分を右側に突き出してしまうことを意味します。
トップで右腰がスウェイしてしまうと、ダウンスイングで大きく左側に動くことを余儀なくされます。
大きく左側に動いた体勢では、ナイスショットが期待できなくなるのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 チャーシューメン  |  トップページ  |  次の記事 ひねりの力  > 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング理論で飛距離アップ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。